2008年10月26日

世界を利用する方法


「世界を敵に回すとしたら、貴方はどうする?」



戦い抜く?仲間を集めて?それとも1人で世界に挑む?



いいえ、いいえ、私は世界を敵にしない。



私は世界を味方につけ、そして世界を利用する。





全てを敵に回すよりも、敵をも利用することの方が自分にとって有益であることを私は知っている。





さて、私を訴えると言っていた、代理の弁護士と昨日会ってきました。



内容はとても理不尽なもので、裁判を起こされても、ほぼ私が勝つ内容でした。



しかし、私を訴えると言ってきた、その彼らは、きっと学が無かったのでしょう、



それ等の意味もきっと分からず、だた訴えるべき人物が逃げてしまったので、



彼らを支援していた私に、怒りの矛先を向けてきた、と言う経緯。



親身になって、私は彼らを支援してきたのが、あだになったのか。



人を助けるという行為自体をもないがしろにされた形。





しかし、私はとても臆病ゆえに狡猾で、自衛として弁護士2人と、裁判所と警察署とあらゆる、公的機関に相談を持ちかけ、今後の対策を実は練っていた。



それこそ、彼らの一言一句を聞き漏らさないように、時間と内容をメモに取り、録音も。



さて、話戻って、弁護士との話。



弁護士も、彼らの理不尽さを十分認識しているので、私は弁護士にこう切り出す、



「貴方もきっと大変なのですね」



と、



「ええ、・・・」



と、この流れになればもう私の勝ち。





さて、今後は、この弁護士を味方につけ、私を有意義に生かさせる。





--とか、何とか書きましたが、とりあえず、決着してよかったという、話。あーつらかった辛かった…。死ななくて良かったよ。まあ、他人の為に死ぬのなんてゴメンだよ。全くもう。



[世界を利用する方法] 
posted by 鴉と狐 at 11:30| Comment(36) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

ご先祖さまの守護

きっと、彼らの様に私は「守られて」いないのだと思う。



そう、いとこは大きな事故で、無傷ですんだ

私の大切な弟も、そういえば無傷ですんだ。



けれど、きっとそれ等の事故に私が見舞われたら、おそらく私は死に至る。



けれど、見方を変えれば、一番の守りを受けているのは、私なのでは?

とふと思う。



なぜなら、彼らの様に生死に係わる惨劇に私は見舞われたことがないからだ。



だから、私は眠る前に必ず感謝する。ありがとうご先祖様…





 

ラベル:感謝 先祖 事故
posted by 鴉と狐 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きてるってイイよね?系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

人間とウィルス

すべての生物に天敵が存在するように
人間にもそれは存在すると言うこと。
ウィルスがそれにあたる存在であると人類は認識している
posted by 鴉と狐 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏・辞典? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

死と妄想と金の亡者の地獄

仏教では

実際に人を殺した者よりも、想像の中で誰かを殺した方が罪が重い。
また、想像殺人よりも、本来他者に還元すべきお金を自分で消費してしまう者はもっと罪深い地獄へと落とされる。

だから、灰色の神は(天下りとか)は想像殺人者の私よりも重い地獄へ行くと言うことで、私の気が少し晴れた。

posted by 鴉と狐 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏・辞典? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

500円とで右往左往の人生

別にどうでもいい話なのですが。

毎日、毎日楽天のくじ↓にそれこそ毎日、応募ぢているのですが
あまり当たりが来ないのですが、
そういえば、知らない間に、500P入っていたのはうれしかったです。

posted by 鴉と狐 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

日本人が反旗ひるがえさない訳

だって、悪いことをしたんでしょう?



さて、彼女には「法の方が間違っている」と言う考えは皆無らしい
posted by 鴉と狐 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーク系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神の利権と血税

さて、この国はどうにもおかしい。神たちの利権が多すぎる。



どうか、神や灰色たちが自分の悪行に気づき



恥じ悔い改め、国民のために尽くす、



まっとうな人間になりますように。
posted by 鴉と狐 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HP作成依頼

仕事で、HP作成の依頼が来ました、



「メインカラーは何に致しましょうか?」

(企業カラーはありますか?)



「特にありませんね。」



「では、目を引く【赤】と、誠実さの【青】どちらがよろしいですか?」

「【赤】で。」



「はい承りました」



「いや、やはり【青】でお願いしたい。」



「はい。私も会長のおっしゃるように、青がよろしいかと思っておりました」





青、空、飛翔 、仲間 メインイメージこんな感じで、作成中。
posted by 鴉と狐 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

食虫植物と大地の関係

植物では、到底根付くことの出来ない荒れた大地に
唯一、生態系を気づくことのできる植物。

腐り、そして土に返り、植物が進出できる土となるべく
重要な役割を果たす。
posted by 鴉と狐 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏・辞典? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神と神の攻防

ある方面の法整備が始まりました。
しかし、進展はなく、おそらく決着などはつかないでしょうね。



なぜって?
「それはね、【神A】と【神B】の争いだからですよ。」

甘い蜜を吸うために、作られた機関があります。
ええ、そりゃたっぷりとです。
よく新聞なんかで、天下り先だって取り上げられています。



結局その機関を守ろうと、神Aが叫びます。

 「我々は、法の趣旨を守らなければいけない!」
 (つまりは、天下り先は、絶対に、壊させね---!ってね)


神Bはこう叫びます。

 「この法は崩壊している。新しく整備するのが妥当だ!」
 (つまりは、新しく法律を作って、その方面に携わる愚民どもから、金を巻き上げるんじゃ---!そして、俺たちが使ってきた金の補填をするんじゃ---!!!)


といった感じですね。

この場合
 【神A】は、自分たちの再就職のため、
 【神B】は、自分たちの帳簿合わせのため


さて、この国には、国民のために働いてくれる神がいるのでしょうか?

いやな世界だよな、実際・・・。
posted by 鴉と狐 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。