2005年09月29日

怒りを飲み込ませる方法

おかしいな?

この世の中、理不尽だらけですね

まっとうに生きているモノが、損をする

そんな世界なのです。

だから私は「怒り」をこの体内に

蓄積させ、私の表層に時折触れる

外界に怒りを砕いて説明し

私は怒りを手渡す術を用い

あざとく彼(彼女)等に怒りを写す。

仲間を増やそうと躍起になり、

その時はそれがこの上なく

正しい行為だと思っていた。

けれど、私がいかに怒りをぶつけようと

その意識をも跳ね飛ばす

真たる心の持ち主に私は出会う。

彼女はとても弱く優しく、けれど強かった

半年間、私はこの世の理不尽さを

彼女に説き、噛み砕いて飲み込ませた

けれど、それすらも彼女の心を

怒りで満たすことはできなかった

・・・私は歯がゆい気持ちでいた

何故、私の話が心に響かないのかと

あの手、この手で、彼女に迫る。

「この世はおかしい」

「弱者を虐げる強者はおかしい」

「権力を履き違えるトップに殺される」

・・・・

そして、ついに11ヵ月後、

彼女は、

「この世の中はおかしい」

とはき捨てるように口にした。

それを聞いた私は喜ぶ、はずだった

けれど、その瞬間私はとんでもない

事をしてしまったと、初めて気づく。

彼女を堕としてしまったと。

そしてさらに5ヶ月たった今でも

後悔の念に駆られる。

[本当の罪 2004.12.24]
posted by 鴉と狐 at 17:05| Comment(1) | TrackBack(0) | ダーク系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死刑&保険

そうそう、『死刑』になると(私の入っている保険では)保険金下りないので気をつけてくださいね。
posted by 鴉と狐 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏・辞典? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大切な貴女と画策

私の大切な貴女は
困ったことにとてもわがままで
私は困ったふりをしながらも
貴女の我がままを許してしまう
けれどそれは
貴女の成長の妨げになる事を
私は知っていたので
しばらくの間放任することにしました
そして、いつしか貴女は
知恵をつけ、たくましく育ち
私になつくことも無くなり
ついには、この家から去っていった

・・・

さてさて、これからが本番です
自立をした貴女が
再び私を敬愛するようにと
私の画策が始まります
   [2004.11 画策]
posted by 鴉と狐 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きてるってイイよね?系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定款ってなに?

つまり、あれでしょ?会社の規則みたいなのが、ざらーりと並んでる紙でしょ?

でもさ、市町村合併だよ。で・・・会社の定款が変更だよ(怒)定款の変更をするんだけど、
変更のほうほうって、どうすちゃいいの?
ちょっとネットで調べてるけど、どこに提出して、どこに認可もらって、それをどこに提出すればいいのかな?

分からないことだらけだよ。上司はダメだしな、口ばかりで。結局私がやるのか・・・(泣)
posted by 鴉と狐 at 16:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

死の回避

もし、何らかの弊害が生じ、生きることがとても辛くなったのならば、1つ基軸となるモノを信じるといい。多分それが現状から脱する一番の近道。それがたとえ逃げでもかまわない、大切なのは、意識を1つ上の段階へ押し上げると言うこと。光の・・・風の感じられる方向へ少しでも自分を導くと言うこと。

だから常に癖をつけておく。辛くなったとき、生きることが困難に陥る時のために。ああ辛いなと思ったならば、そのもとより決めた基軸をすぐさま、頭に思い浮かべられるぐらいに。多分それに助けられて、前に進むことが出来る。
ああ、あの時、命を手放さなくてよかったと、思える事ができると思う。

彼がよく使う手は、シャットダウンする。意識を一度、手放し。違う何かの没頭する。彼はとても繊細な人物だったので、心を守る為にはそれが一番の方法。

また、私が基軸としたのは、信じること、他者を疑わず、現状を見据えると言うこと。それは私の負けん気の強さに寄るものが多いと思う。外界の私の妨げになる人物を、「かわいそうな人」と位置づける、コレが基軸。

だが、これ以上の困難に私はぶつかってしまった、辛いというよりも、怒りの感情を覚えた。つまり、そのとき私の基軸としたものは、「怒り」の感情。それが心へ向かうはずの負担を和らげ私を今日に生かした。
posted by 鴉と狐 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーク系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。