2008年09月25日

ご先祖さまの守護

きっと、彼らの様に私は「守られて」いないのだと思う。



そう、いとこは大きな事故で、無傷ですんだ

私の大切な弟も、そういえば無傷ですんだ。



けれど、きっとそれ等の事故に私が見舞われたら、おそらく私は死に至る。



けれど、見方を変えれば、一番の守りを受けているのは、私なのでは?

とふと思う。



なぜなら、彼らの様に生死に係わる惨劇に私は見舞われたことがないからだ。



だから、私は眠る前に必ず感謝する。ありがとうご先祖様…





 

ラベル:感謝 先祖 事故
posted by 鴉と狐 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きてるってイイよね?系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。