2007年08月04日

「願う」という力

願い」という思いは

とても素晴らしく、
そして強く

ただ、それだけで

未来へ進めるだけの力を

持っているんです。

大人になるとね、

本当にどうしようもない

理不尽な事柄に直面しすぎる

だから、心が折れてしまわないように

その心に常に「願い」を

持ち続ける事が必要となります。

だから、私はそれだけで
未来を望むことが出来る。

「未来を望むことが出来る」
ということは

私は、生きていくことが

出来るということになるのです


posted by 鴉と狐 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きてるってイイよね?系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。